●年令/経験/男女不問
●初心者から上級者まで大歓迎
●週1回1時間(月4回)
●時間・曜日は応相談
●入会金無料・月謝:\13,000+1回\1,000(横浜教室スタジオフィー・町田教室はスタジオフィー無し)
お問い合わせ
●横浜教室(子安)ガンボ・スタジオ Tel.045-423-8681
●町田教室(成瀬)山崎よしき Tel.042-723-7434
●E-mail:info@roller-coaster.jp
地方の方はご相談ください。
地方からの出張ついでに1回だけという生徒さんもいらっしゃいます。
お気軽にどうぞ。

山崎よしきプロフィール


1974 Weeping harp senoh & he's roller coater結成
1976 ウィーピング・ハープ妹尾(妹尾隆一郎)のソロアルバム『メッシン・アラウンド』(ビクター音楽産業)の録音に参加。
1977 小出斉(Vo,G)が参加。
1984 小町正明(Bs)が参加。
1984 ファースト・アルバム『That's Nothing New』発表。
(ヴィヴィド・レーベルよりCD化)
1986 セカンド・アルバム『Keep it Up』発表。
(ヴィヴィド・レーベルよりCD化)
1987 早崎詩生(Pf)が参加。
1991 3rdアルバム『ブギー・ディスカンター』(ヴィヴィド)発表。
1991 4thアルバム『サムシン・フォー・リトル・ウォルター』
(ヴィヴィド)発表。
1995 5thアルバム『キープ・オン・ゴーイン』(P-Vine)発表
1995 世界ハーモニカ・フェスティバルにて、リー・オスカー、ビリー・ブランチ等のバッキングを務める。
1996 ホンク・テナーの王者、ビック・J・マクリーニーのジャパン・ツァーでバック・バンドを務める。
1996 Dr、Bs、Vo/G、の最小編成でローラー・コースターのコンセプトするブルースを全国へ出前する「ちびコースター」として活動を開始。
1997 ちびコースターで都内及び東北ツァー2回、中部地方2回を成功させる。
1998 春、2週間で3,400Kmの西日本ツァー11ヶ所。東北ツァー4ヶ所。パークタワー・ブルース・フェスティヴァルでパイントップ・パーキンス、デイヴ・マイヤーズらとセッション
1999 妹尾が再脱退し、ちびコースターが実質上のローラー・コースターの活動となる。
1999 5月、アルバム結成25周年記念『25th』(サウスサイドレコード)発表。
2001 ちびコースター『ライブ・アット・ザ・ボトルネックカフェ』(サウスサイドレコード)発表。これには、サウスサイドレコードからの発表決定前にCD-Rでジャケット違いのレア・アイテムも発表されている。
現在は、ちびコースター名称での活動はせず、トリオでの場合もローラー・コースター名で活動。
2002 『ジャパン・インパクト』(サウスサイドレコード)発表。
2004 バンド結成30周年記念盤。9月1日発表予定。
偉大な前任者が在籍した難しいポジションを手に入れたのは、若手ルーキー和田耕太郎。
2006 ローラーコースター通算10枚目となるHowBadHaveYouGotIt? 発表。
2009 RADATAPに参加。
2010 ローラーコースターJAPAN BLUES & SOUL CARNIVAL 2010 ~25周年記念スペシャル~に出演。